(2021/03/01最終更新)
新型コロナウィルス感染症の影響により要件を満たす方は、
下記の通り申請を行うことにより保険料を減免します。
該当する(見込み)と思われる方は
令和2年11月20日まで組合に申請してください。

 
 【減免基準】
 
@新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡した世帯。
    →全額免除 
 A新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が重篤な傷病を負った世帯。
    →全額免除
 B新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年分の組合員の事業(医業)収入、または医業に関する給与収入の減少が見込まれ、減少額が令和元年分収入額の10 分の3 以上である世帯。

    ↓下記減少率に応じて免除
 減少率 減免割合 
5/10以上 全額 
 5/10未満4/10以上 3/4 
  4/10未満3/10以上 2/4 
※ 国からの財政支援の状況によって、減免内容が多少変動する場合もございます。

 【減免期間】
 
令和2年4月から令和3年3月までの1年分。
年度途中からの加入者は、加入月から令和3年3月分まで。



 【申請から保険料還付(免除)までの流れ】
 
@ 申請書(収入減少見込みで申請)を組合に提出(令和2年11月20日まで提出
 A 令和2年分確定申告書及び源泉徴収票の写しを提出(令和2年の収入確定後)
 B 保険料引落口座に返金いたします。


 【送付した案内文書】
   ・保険料減免となる減免について/第1種(R2.10.28通知)
  ・保険料減免となる減免について/第2種(R2.10.28通知)



 【保険料減免申請書】
 
・様式1(生計維持者の死亡、重篤な傷病を負った場合)
 ・様式2(10分の3以上の収入減少の場合)


 

   ・傷病手当金の支給基準について(R2.3.10付)
    ┗対象期間の延長について(R2.8.17付)
    ┗対象期間の延長について(R2.11.18付)
    ┗対象期間の延長について(R3.2.19付)

  ・支給申請書申請書(3枚すべて提出が必要)



具体的な申請方法、質問は事務局までご連絡ください。
宮城県医師国保組合
TEL:022-227-0516


TOP