1人医師医療法人を含む法人事業所、及び常時5人以上の従業員を雇用する個人事業所は、社会保険(健康保険および厚生年金)の強制適用事業所に該当しますが、管轄の年金事務所(旧社会保険事務所)に健康保険の「健康保険適用除外承認申請書」の手続きを行ない、健康保険の適用除外承認を受けることにより医師国保組合の被保険者となることができます。

適用除外申請の流れ
                      

@ 事業主(第1種組合員)から資格取得届(健康保険適用除外承認申請書が必要なもの)を医師国保組合に提出。

A 医師国保組合で健康保険適用除外承認申請書を証明し、事業主(第1種組合員)の方にお渡しいたします。

B 事業主(第1種組合員)の方は管轄の年金事務所へAで受け取った健康保険適用除外承認申請書を提出。

C 年金事務所にて承認を受け、健康保険適用除外承認証が事業所へ発送されます。

D 事業主(第1種組合員)の方はCで受け取った健康保険適用除外承認証のコピーを医師国保組合に提出。

E 医師国保組合では健康保険適用除外承認証のコピーと引き換えで被保険者証を交付いたします。
詳しくは組合まで問い合わせ下さい。
TEL:(022)227-0516